English

未知の世界の扉を開く
化学反応経路自動探索
Global Reaction Route Mapping
32655 TIMES OF ACCESS TO THIS PAGE SINCE 2011/11/01.
    


左:化学構造EQは峠のようなTSを経て反応経路IRCで繋がっています。これを予備知識なしに量子力学に 
  基づく理論計算で自動的に暴きだすことは従来の方法では全く不可能でしたが、2004年に発表された
  超球面探索(SHS)法によってこれが可能になりました。                    
右:SHS法を用いてH4C2O2の反応経路を自動探索した結果、一酸化炭素COがメタノールCH3OHに触媒なしに
  結合する反応ルートがみつかりました。COのCがメタノールのOにくっつくと同時にメチル基が隣にジ
  ャンプして化学産業で非常に重要な酢酸CH3COOHが一気にできあがっています。          


New !→ 2013年2月に 量子化学探索研究所 が新設されました。       


反応経路研究会   化学動画:CHEM−DO−GA

[ grrm Symposium ]        [ grrm News ] 

[ 反応経路探索 論文リスト ]   [ 反応経路探索 学術講演リスト ]

 地球シミュレータに使用される世界最高速のコンピュータを何百億年も動かし続けても全く不可能であ
 った化学反応経路の理論的全面探索が、可能になる新しい方法がみつかりました。ポテンシャル表面上
 の「非調和下方歪み」が、化学反応が進む方向を教えてくれる「羅針盤」の働きをすることがわかった
 のです。これは「化学反応の量子原理」とよぶことのできる、基本原理です。           

 この発見によって、原子や分子から、どのような化合物が、どのようにして生まれるか、またさらに、
 ある化合物から別の化合物へとどのようにして変わって行くか、これまで謎であったことを次々と明 
 らかにし「化学反応の世界地図」を描き出すことが可能になりました。化学反応の量子原理の発見に 
 よって、未知の化学の世界への扉が大きく開かれ、これからの化学が益々楽しみになりました。   

 私たちは、かけがえのない地球環境をまもりつつ、人類の夢を追求していかなくてはなりません。その
 ためには、資源を無駄にせず環境を破壊するものは作り出さない、そうした環境調和型の合成反応を追
 求し、これまでのものに代替して利用するようにしていくことが望まれます。つまりは、究極の元素戦
 略にしたがって完璧なアトムエコノミー(原子をまった無駄にしないこと)を実現しなくてはなりませ
 ん。そのような反応をみつけだすことは、経験に基づく実験化学やこれまでの理論化学では、非常に難
 しい課題でした。化学反応の量子原理に基づけば、これを理論的に探索することをコンピュータに任せ
 て自動的に行うことができます。人類が抱える化学の諸問題の解決にも、新たに発見されたアルゴリズ
 ムとそれを搭載したプログラムが、大いに役立つと期待されます。                


 化学反応の量子原理に基づいて開発された反応経路の超球面探索法SHSとそれを搭載したプログラム
 GRRMは、他の手法では不可能なことを次々と実現しています。不斉触媒をはじめとする触媒開発 
 やアミノ酸のD−L変換機構の解明など、未知の化学の扉を拓き始めました。SHS/GRRMは、 
 世界中の追随を許さない新アルゴリズム満載の手法として「世界標準」へ向けて発展を続けています。
 
  ※計算化学の国際的テキスト「Introduction to Computational Chemistry:第2版」Frank Jensen著 
  (2007)p396に、反応経路を全面的に探査することのできる手法として、紹介されています。  

反応経路自動探索プログラム GRRM GRRM11 概要解説ポスター(PDF 1.8 MB) GRRM11 利用方法解説(PDF 188 KB) GRRM1.22 化学の世界の羅針盤・超球面探索法 GRRM1.22 適用例・プログラム概要・利用申込方法 GRRM1.00パンフレット(PDF 1.3 MB)  上のパンフレットには、GRRMプログラムの概要(GRRM1.00 2007年2月20日版)が記されています。    GRRMプログラムはその後、さらに機能が増強され、GRRM1.22(上のリンク参照)が、          「普及用モニター版」として研究教育用にリリースされています。                  当初は、Gaussian03専用でしたが、現在は、入出力データ変換プログラムをユーザ自身で用意すれば、  MolproやGamessでも利用できます(Gaussain09は変換プログラムなしでGaussian03同様利用できます)。  化学構造に対し、エネルギー値を与えるプログラムがあれば、何にでも適用可能です。        ・研究教育機関等、アカデミックな組織に所属され、論文発表・学会発表等の学術研究活動を行っている  場合、ユーザ登録を行えば、「普及用モニター版」が登録者専用でご利用いただけます。       ・企業等、アカデミックな組織以外に所属される場合は、共同研究・研究開発支援など、なんらかの方法  でGRRMプログラムの発展を応援していただくことが必要となります。                ・「普及用モニター版」には機能が搭載されていない2009年以降に研究開発された新手法や、特殊な取り  扱いを行うことができる「開発者版」は、共同研究や研究支援など開発者と密接な協力関係をもつ場合  に限り利用可能となります。                                  ・GRRMは、未知の化学情報を取り出す「打出の小槌」です。     未知の化学情報は、どんなんに優れた「既知情報検索システム」を用いても絶対に得ることができません。      ・GRRMを用いると、化学的に重要な未知情報を効率的に調べることができます。    すべてを網羅するには時間がかかりますが、全面探索の数十分の一の時間で、          重要な構造の大半を調べ上げる「裏技」がGRRMに搭載されています。              → 「研究報告:化学反応経路探索の効率化」         2011年11月1日より、開発者版に搭載されている機能の大半(AFIR・非調和振動解析を除く)を   利用することのできるGRRM 11が、アカデミックユーザ用にリリースされました。          ・GRRM 11には、普及用モニター版にはなかった、並列探索機能が加わり、多数のコアを利用できる計算  環境では、多数の安定構造EQや遷移構造TSの大域的な全面探索の効率が飛躍的に向上しました。     ・このほか励起状態の円錐交差の探索機能が加わって光化学過程の解析・予測機能が飛躍的に向上し、   さらにMicroIteration機能により、QM/MM計算に基づく探索の精度と効率が飛躍的に向上しました。   ・東北大学サイバーサイエンスセンターに反応経路自動探索プログラムGRRM11が公開されました。    ・自然科学研究機構岡崎共通研究施設計算科学研究センターhttps://ccportal.ims.ac.jp/でもGRRM11が  公開されます。上記いずれのセンターも、アカデミックな研究のため利用登録されている方限定です。  詳しい利用資格については、それぞれのセンターにお問い合わせください。  GRRMプログラムのご利用を希望される方は、当ページ末尾連絡用電子メールアドレスにお問い合わせ下さい。
2012.9.21-22 シンポジウム:反応経路探索のニューフロンティア2012 2011.9.23-24 シンポジウム:反応経路探索のニューフロンティア2011 2010.9.13 シンポジウム:反応経路探索のニューフロンティア2010 2009.9.24-25 シンポジウム:反応経路探索のニューフロンティア2009 GRRM_News_006 2011/11/25 13:36 GRRM_News_005 2011/03/31 22:35 GRRM_News_004 2010/06/21 16:38 GRRM_News_003 2009/09/10 14:55 GRRM_News_002 2008/06/06 12:47 GRRM_News_001 2007/11/09 14:53
GRRM Citation Ranking 2013.04.19 <GRRM関連論文で、引用回数の多いもののリストです>    79 Chem.Phys.Lett. 384, 277 (2004)    70 J.Phys.Chem.A 109, 5742 (2005) 56 J.Phys.Chem.A 110, 8933 (2006)    49 Organometalics 26, 3597 (2007) 36 J.Phys.Chem.A 109, 7319 (2005)    34 J.Phys.Chem.A 111, 4527 (2007)    32 J.Phys.Chem.A 111, 5099 (2007)    28 Chem.Phys.Lett. 469, 57 (2009)    26 J.Phys.Chem.A 113, 1704 (2009)    23 J.Phys.Chem.A 111, 10732 (2007)    22 Chem.Phys.Lett. 404, 95 (2005)    20 Chem.Phys.Lett. 418, 208 (2006)    20 Chem.Phys.Lett.398, 240 (2004)    18 Ang.Chem.Int.ED. 50, 644 (2011)    17 J.Chem.Theo.Comp.5, 2734 (2009)    16 Phys. Scripta 78, 058122 (2008)    16 Chem.Lett. 33, 1372 (2004)    15 J.Phys.Chem.Lett.1, 1841 (2010)    15回未満省略
List of Publications of the SHS Method and GRRM
1  A New Method for Constructing Multidimensional Potential Energy Surfaces by 
   a Polar Coordinate Interpolation Technique
   Chem. Phys. Lett. 381(1-2), 177-186 (2003).
   S. Maeda and K. Ohno 

2  A Scaled Hypersphere Search Method for the Topography of Reaction Pathways
   on the Potential Energy Surface
   Chem. Phys. Lett. 384(4-6), 277-282 (2004).
   K. Ohno and S. Maeda

3  Ab initio Studies on Synthetic Routes of Glycine from Simple Molecules via Ammonolysis of 
   Acetolactone: Applications of the Scaled Hypersphere Search Method
   Chemistry Letters 33, 1372-1373 (2004).
   S. Maeda and K. Ohno

4  No Activation Barrier Synthetic Route of Glycine from Simple Molecules (NH3, CH2, and CO2,
   via Carboxylation of Ammonium Ylide: a Theoretical Study by the Scaled Hypersphere 
   Search Method.
   Chem. Phys. Lett. 398 (1-3), 240-244 (2004).
   S. Maeda and K. Ohno

5  A New Approach for Finding a Transition State Connecting a Reactant and a Product without 
   Initial Guess: Applications of the Scaled Hypersphere Search method to Isomerization 
   Reactions of HCN, (H2O)2, and Alanine Dipeptide
   Chem.Phys.Lett. 404(1-3), 95-99 (2005).
   S. Maeda and K. Ohno

6  Global Mapping of Equilibrium and Transition Structures on Potential Energy Surfaces by the
   Scaled Hypersphere Search Method: Application to ab initio Surfaces of Formaldehyde and
   Propyne Molecules
   J. Phys. Chem. A 109(25), 5742-5753 (2005).
   S. Maeda and K. Ohno

7  Global Investigation on Potential Energy Surface of CH3CN: Application of 
   the Scaled Hypersphere Search Method
   J. Phys. Chem. A 109(32), 7319-7328 (2005).
   Xia Yang, Satoshi Maeda, and Koichi Ohno

8  A Scaled Hypersphere Interpolation Technique for Efficient Construction of 
   Multidimensional Potential Energy Surafaces
   Chem. Phys. Lett. 414(4-6), 265-270 (2005).
   S. Maeda, Y. Watanabe, and K. Ohno

9  Global Analysis of Reaction Pathways on the Potential Energy Surface of Cyanoacetylene by the 
   Scaled Hypersphere Search Method.
   Chem. Phys. Lett. 418(1-3), 208-216 (2006)
   X. Yang, S. Maeda, and K.Ohno

10 Generation Mechanisms of Amino Acids in the Interstellar Space via Reactions between 
   Closed-Shell Species: Significance of HIgher Isomers in Molecular Evolution.
   Astrophys. J. 640, 823 (2006).
   S. Maeda and K. Ohno

11 D-L Conversion Pathways between Optical Isomers of Alanine: Application of the Scaled
   Hypersphere Method to Explore Unknown Reaction Routes in a Chiral System.
   Chemistry Letters 35(5), 492-493 (2006).
   K. Ohno and S. Maeda

12 Conversion Pathways between a Fullerene and a Ring among C20 Clusters:
   Remarkable Difference in Local Potential Energy Landscapes around the Fullerene and the Ring. 
   J. Chem. Phys. 124, 174306-(1,7) (2006).
   S. Maeda and K. Ohno

13 Global Reaction Route Mapping on Potential Energy Surfaces of Formaldehyde, 
   Formic Acid, and their Metal Substituted Analogues.
   J. Phys. Chem. A 110(28), 8933-8941 (2006).
   K. Ohno and S. Maeda

14 Global Mapping of Small Carbon Clusters Using the Scaled Hypersphere Search Method.
   AIP Conference Proceedings 855, 296-304 (2006).
   B. Hajgato, S. Maeda , and K. Ohno

15 Structures of Water Octamers (H2O)8: Exploration on Ab Initio Potential Energy Surfaces
   by the Scaled Hypersphere Search Method.
   J. Phys. Chem. A 111(20), 4527-4534 (2007).
   S. Maeda and K. Ohno

16 Insight into Global Reaction Mechanism of [C2, H4, O] System from ab initio 
   Calculations by the Scaled Hypersphere Search Method.
   J. Phys. Chem. A 111(23), 5099-5110 (2007).
   X. Yang, S. Maeda, and K. Ohno

17 Computational Study of Titanocene-Catalyzed Dehydrocoupling of the AdductMe2NH-BH3:
   An Intramolecular, Stepwise Mechanism
   Organometallics 26, 3597-3600 (2007).
   Yi Luo and Koichi Ohno

18 Quantum Chemistry Study of H+(H2O)8: 
   A Global Search for Its Isomers by the Scaled Hypersphere Search Method 
   and Its Thermal Behavior.
   J. Phys.Chem. A 111(42), 10732-10737 (2007).
   Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno

19 Global Reaction Route Mapping on Potential Energy Surfaces of C2H7+ and C3H9+.
   Chem.Phys.Lett. 447/1-3, 21-26 (2007). 
   Y. Watanabe, S. Maeda, and K. Ohno

20 Automated Exploration of Absorption Structures of an Organic Molecule on 
   RuH2-BINAP by the ONIOM Method and the Scaled Hypersphere Search Method
   J.Phys.Chem.A 111, 13168-13171 (2007). 
   S. Maeda and K. Ohno

21 Microsolvation of Hydrogen Sulfide: Exploration of H2S・(H2O)n and
   SH-・H3O+・(H2O)n-1 (n=5-7) Cluster Structures on Ab Initio Potential Energy 
   Surfaces by the Scaled Hypersphere Search Method.
   J. Phys. Chem. A 112(13), 2962-2968 (2008).
   S. Maeda and K. Ohno

22 Finding Important Anharmonic Terms in the the Sixth-Order Potential Energy
   Function by the Scaled Hypersphere Search Method: An Application to Vibrational
   Analyses of Molecules and Clusters
   J. Chem. Phys. 128, 144111-(1,11) (2008).
   S. Maeda, Y. Watanabe, and K. Ohno
 
23 DFT Study on Isomerization and Decomposition of Cuprous Dialkyldithiophosphate and 
   Its Reaction with Alkyl Radical
   J. Phys. Chem. A 112(25), 5720-5726 (2008).
   Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno

24 A New Global Reaction Route Map on the Potential Energy Surface of H2CO with
   Unrestricted Level.
   Chem. Phys. Lett. 460, 55-58 (2008).
   S. Maeda and K. Ohno

25 Intramolecular Vibrational Frequencies of Water Clusters (H2O)n (n=2-5): Anharmonic
   Analyses Using Potential Functions based on the Scaled Hepersphere Search Method.
   J. Chem. Phys. 129, 074315-(1,9) (2008).
   Y. Watanabe, S. Maeda, and K. Ohno

26 Automated Exploration of Reaction Channels
   Physica Scripta 78, 058122 (8pp) (2008). 
   K. Ohno and S. Maeda

27 Decomposition of Alkyl Hydroperoxide by a Copper (I) Complex: Insights from Density 
   Functional Theory
   Tetrahedron Letters 49, 6841-6845 (2008)
   Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno

28 Lowest Transition State for the Chirality-Determining Step in Ru{(R)-BINAP}-
   Catalyzed Asymmetric Hydrogenation of Methyl-3-Oxobutanoate
   J. Am. Chem. Soc. 130(51), 17228-17229 (2008).
   S. Maeda and K. Ohno

29 Water-Catalyzed Gas-Phase Reaction of Formic Acid with Hydroxyl Radical:
   A Computational Investigation.
   Chem.Phys.Lett. 469(1-3), 57-61 (2009).
   Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno 

30 Automated Exploration of Stable Isomers of H+(H2O)n (n =5-7) via Ab Initio 
   Calculations: An Application of the Anharmonic Downward Distortion Following Algorithm.
   J. Comp. Chem. 30(6), 952-961 (2009).
   Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno

31 Automated Global Mapping of Minimum Energy Points on Seams of Crossing by the
   Anharmonic Downward Distortion Following Method: A Case Study of H2CO
   J. Phys. Chem. A 113(8), 1704-1710 (2009).
   S. Maeda, K. Ohno and K. Morokuma

32 Systematic Search for Isomerization Pathways of Hexasilabenzene for
   Finding its Kinetic Stability
   Organometallics 28(7), 2218-2224 (2009).
   M. Moteki, S. Maeda, and K. Ohno

33 An Automated and Systematic Transition-Structure Explorer in Large Flexible Molecular 
   Systems Based on Combined Global Reaction Route Mapping and Microiteration Methods
   J. Chem. Theory Comput. 5, 2734-2743 (2009).
   S. Maeda K. Ohno, and K. Morokuma

34 A Systematic Study on the RuHCl-BINAP Catalyzed Asymmetric Hydrogenation Mechanism by the 
   Global Reaction Route Mapping Method
   J. Mol. Cat. A Chemical 324, 133-140 (2010).
   Koichi Ohno and Satoshi Maeda

35 Synthesis and Structures of Stable Base-Free Dialkylsilanimines.
   New. J. Chem. 34, 1637-1645 (2010).
   T. Iwamoto, N. Ohnishi, Z. Gui, S. Ishida, H. Isobe, S. Maeda, K. Ohno, and M. Kira

36 Updated Branching Plane for Finding Conical Intersections without Coupling Derivative 
   Vectors
   J. Chem. Theory Comput. 6, 1538-1545 (2010).
   S. Maeda, K. Ohno, and K. Morokuma

37 A Theoretical Study on the Photodissociation of Acetone: Insight into the Slow
   Intersystem Crossing and Exploration of Nonadiabatic Pathways to the Ground State
   J. Phys. Chem. Letters 1, 1841-1845 (2010).
   S. Maeda, K. Ohno, and K. Morokuma

38 Theoretical Investigation of the Reaction Pathway of O Atom on Si(001)-(2x1)
   J. Phys. Chem. C 114(37), 15671-15677 (2010).
   Shin-ya Ohno, Ken-ichi Shudo, Masatoshi Tanaka, Satoshi Maeda, and Koichi Ohno

39 Long-Range Migration of a Water Molecule to Catalyze a Tautomerization 
   in Photoionization of the Hydrated Formamide Cluster.
   J. Phys. Chem. A 114, 11896-11899 (2010)
   S. Maeda, Y. Matsuda, S. Mizutani, A. Fujii, and K. Ohno

40 Ab initio anharmonic calculations of vibrational frequencies of benzene by means 
   of efficient construction of potential energy functions.
   Chem.Phys.Lett. 503(4-6), 322-326 (2011).
   K. Ohno and S. Maeda

41 Automated Exploration of Chemical Reaction Pathways,
   Mol. Sci. 5, A0042 (2011),
   Koichi Ohno and Satoshi Maeda

42 Systematic Exploration of Chemical Structures and Reaction Pathways on the Quantum 
   Chemical Potential Energy Surface by Means of the Anharmonic Downward Distortion 
   Following Method,
   "Progress in Theoretical Chemistry and Physics", vol.22, 381-394 (2012), Springer, 
   Koichi Ohno and Yuto Osada

43 Exploring Multiple Potential Energy Surfaces: Photochemistry of Small Carbonyl 
   Compounds. "Advances in Physical Chemistry", Vol. 2012, 268124 (13 pages) (2012).
   Satoshi Maeda, Koichi Ohno, and Keiji Morokuma

44 Anionic Polymerization Mechanism of Acrylonitrile Trimer Anions: Key Branching
   Point between Cyclization and Chain Propagation,
   J. Phys. Chem. A 112, 7937-7942 (2012)
   Keijiro Ohshimo, Yoshiya Inokuchi, Takayuki Ebata, and Koichi Ohno

45 Systematic Exploration of the Mechanism of Chemical Reactions: Global Reaction Route 
   Mapping (GRRM) Strategy by the ADDF and AFIR Methods
   Phys. Chem. Chem. Phys., 15, 3683-3701 (2013).
   Satoshi Maeda, Koichi Ohno, and Keiji Morokuma


List of Conference Publications of SHS and GRRM
2012
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第6回 電気化学日米合同大会 PRiME2012(ハワイ)2012年10月7-12日
○K. Miyamoto,* R. Asahi* and K. Ohno**
 Ab Initio Study on Reduction Mechanisms of Vinylene Carbonate using 
 Global Reaction Route Mapping Method
 (*Toyota Central R&D Labs., **Toyota Phys. Chem. Res. Inst.

第14回国際量子化学会議2012年6月25-30日(USA コロラド大学)
○Koichi OHNO
 Quantum Chemical Exploration of Stereo Reaction Channels by the GRRM Method
 (Toyota Phys.Chem.Res.Inst.)
○Yu Sawada,1 Hiroaki Tokoyama,1 Hideo Yamakado,1 Satoshi Maeda,2Koichi Ohno3
 Crystal structure prediction of LiH and LiF by using the SHS method
 (1Wakayama Univ, 2Hokkaido Univ., 3Toyota Phys. Chem. Res. Inst.) 
○Hiroaki Tokoyama,1 Hideo Yamakado,1 Satoshi Maeda,2 Koichi Ohno3  
 Searching for isomers of Carbon clusters by SCC-DFTB method with the Scaled 
 Hypersphere Search method
 (1Wakayama Univ, 2Hokkaido Univ., 3Toyota Phys. Chem. Res. Inst.) 

第28回化学反応討論会(福岡)2012年6月6-8日(九州大学)
○Ohno, Koichi, Iwamoto, Takeaki(ポスター1P21)
 Stereo Reaction Pathways Explored by the GRRM method
 (Toyota Phys.Chem.Res.Inst., Tohoku Univ.)
○1Yoshitomo Kodaya, 1Hideo Yamakado, 2 Koichi Ohno (ポスター1P17)
 Performance of the GRRM-large ADD following method for exploration 
 of chemical reaction pathway 
 (1Wakayama Univ, 2Toyota Phys. Chem. Res. Inst.) 

第15回理論化学討論会2012年5月24-26日(仙台福祉プラザ)
○大野公一(ポスター1P17)
 「量子化学探索の効率化と超並列化」
  (豊田理研)

電気化学会(口頭2C01)2012年3月30日(アクトシティ浜松)
○宮本開任*, 旭良司*, 大野公一**
 GRRM法による電解液添加剤VCの還元分解経路解析
 (*豊田中研、**豊田理研)

日本化学会第92春季年会 2012年3月3月25-28日(慶応大学日吉キャンパス)
○大野 公一・佐藤 寛子・岩本 武明(口頭3M4-35)3月27日14:40-15:00
 GRRM-GDSP法による立体反応過程の自動探索
 (豊田理研・国立情報研・東北大院理)
○大下慶次郎・井口佳哉・江幡孝之・大野公一(口頭1A2-29)3月25日13:40-13:50
 アクリロニトリル3量体負イオンのクラスター内重合反応経路の解明
 (理研・広島大院理・豊田理研)
○時子山宏明・山門英雄・前田理・大野公一(ポスター1PC-213)3月25日15:00-16:30
 超球面探索法にSCC-DFTB法を用いたC20異性体の探索
 (和歌山大システム工・和歌山大院システム工・京大福井謙一研究セ・豊田理研)
○澤田裕・時子山宏明・山門英雄・前田理・大野公一(ポスター1PC-212)3月25日15:00-16:30
 超球面探索法によるLiHの結晶構造予測
 (和歌山大システム工・和歌山大院システム工・京大福井謙一研究セ・豊田理研)

第2回CMSI研究会   2012年1月30日(東北大学金材研講堂)
○大野公一(ポスター)
 化学反応経路自動探索の並列化による未踏化学領域の開拓
 (豊田理研)

2011
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
反応経路探索のニューフロンティア2011(札幌)9月23-24日
○大野公一 14:30-14:55 (招待講演)
 反応経路探索プログラムGRRM11とGUIの開発

第22回基礎有機化学討論会 2011年9月21-23日(つくば国際会議場)
○岩本 武明1・大西 展義1・前田 理2・大野 公一3・石田 真太郎1
 アントリル基をもつジシラメチレンアジリジンの合成、構造と反応
 (東北大院理1・京大福井センター2・豊田理研3)

第5回分子科学討論会(札幌)9月20日-23日
分子科学討論会(札幌)9月20日-23日
○大野公一 (9月20日 1P122 16:40-18:10)
  化学反応経路自動探索の効率化: GRRMプログラムのパフォーマンスの検討
○山門英雄,時子山宏明,澤田裕,前田理,大野公一 (9月23日(金) 14:40-14:58 4C16 口頭)
 超球面探索法を用いた結晶構造予測 −イオン結晶、AlN、Si−
○時子山宏明,山門英雄,前田理,大野公一(9月21日(水)14:58-15:16 2E17 口頭)
 超球面探索法を用いた結晶構造予測のDFTB+を用いた高速化

QSCP16 9/11-17 金沢美術館
○Koichi Ohno1 and Yuto Osada 9月15日12:05-12:30(招待講演)
 Efficient Performance of the GRRM Method as an Explorer of Novel Reaction Channels 
 and Chemical Structures

ISTCP-7 9/2-8 早稲田大学
○Koichi Ohno, Satoshi Maeda(Invited Talk)
 Automated Exploration of Global Reaction Route Maps on the Potential Energy Surface

9th-WATOC2011 7/17-22 (Spain: Santiago de Compostela)
○Koichi Ohno, Yuto Osada, Takeaki Iwamoto, Satoshi Maeda
  Automated Web-Browser Visualization of the Whole Lists of Chemical Structures
  and Reaction Channels Explored by the Global Reaction Route Mapping Method

化学反応討論会6/8-10東工大
○K. Ohno, Y. Osada, T. Iwamoto
 Automated Exploration of Fragmentation Pathways for Designing Synthetic Reaction Routes.
4th-JCS Symposium 5/18-20 (Czech: Liblice/Praha)
○Koichi Ohno (Invited Talk)
 Automated Global Reaction Route Mapping on the Potential Energy Surface

第14回理論化学討論会 岡山大学 5/12-14
○大野公一、長田有人、前田理、諸熊奎治
 化学反応経路自動探索プログラムGRRMの機能拡充と並列化


2010
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本化学会第91春季年会(横浜)
1D5-06○山門英雄、時子山宏明、前田理、大野公一
 炭素結晶の新構造―超球面探索法を用いた予測―
1F3-47○時子山 宏明・山門 英雄・前田 理・大野 公一
 超球面探索法を用いた異性体探索のDFTB+を用いた高速化
1A6-54○吉田直樹、石田真太郎、前田理、大野公一、岩本武明
 ジシレンの異性化に関する非経験的反応経路探索
2A6-22○大西展義、石田真太郎、前田理、大野公一、岩本武明
 シラシクロプロパンイミンの異性化による新規シレンの合成と構造
2E3-28○大野公一、長田有人、岩本武明
 GRRM-GDSP法による完全原子効率合成反応過程の自動探索

基礎有機化学討論会(名古屋)9月9-11日
○大西 展義、石田 真太郎、前田 理、大野 公一、岩本 武明(ポスター)
 ルイス塩基の配位によって促進されるシランイミンからシラエナミンへの異性化

第4回分子科学討論会2010(大阪豊中)2010年9月14日-17日
○大野公一、長田有人、前田理(口頭)
 超球面探索法の一般化 基本特性及び適用性の検討
○長田有人、大野公一、河野裕彦(ポスター)
 超球面探索法による分子集団構造の予測 部分構造固定による探索の高効率化
○山門英雄、時子山宏明、前田理、大野公一(口頭)
 超球面探索法を用いた結晶構造予測(3) 
○時子山宏明、山門英雄、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法を用いた窒化ホウ素の結晶構造予測

理論化学討論会 2010年5月23日(日)〜25日(火) 北大学術交流会館
○大野公一、長田有人、前田理(ポスター)
 超球面探索法の大域最適化問題への一般化
○長田有人、大野公一、河野裕彦
 一般化超球面探索法による分子集団構造の最適化

PacificChem2010 
○Yoshiyuki Matsuda, Satoshi Maeda, Daichi Sakai, Ayako Yamada, Ken-ichi Hanaue,
  Shinichi Mizutani, Koichi Ohno, Naohiko Mikami, Asuka Fujii (#87 Oral)
  Water and proton migrations in vacuum-ultraviolet one-photon ionization of 
  hydrated clusters
○Takeaki Iwamoto, Nobuyoshi Ohnishi, Zhenyu Gui, Shintaro Ishida, Hiroyuki Isobe,
  Satoshi Maeda, Koichi Ohno, Mitsuo Kiraa
  Synthesis and Properties of Stable Base-Free Dialkylsilanimines and THF-Mediated 
  Silanimine-Silaenamine Isomerization via 1,3-Silyl Migration
○Koichi Ohno, Takeaki Iwamoto, Yuto Osada, and Satoshi Maeda (#10 Poster)
  Large Scale Automated Exploration of Chemical and Transition Structures by 
  the Global Reaction Route Mapping Method.
○S. Maeda, K. Ohno, K. Morokuma (#10 Oral)
  Theoretical Studies on Gas-Phase Photochemical Reaction Mechanisms of Small 
  Organic Molecules Using the Global Reaction Route Mapping Method
○S. Maeda, K. Ohno, K. Morokuma (#138 Poster)
  Efficient Optimizations of Conical Intersection Geometries Using New Algorithms
○Yuto Osada, Koichi Ohno, and Hirohiko Kono (#10 Poster)
  An anharmonic downward distortion following method for constrained global 
  optimization of large scale systems.
○Hideo Yamakado, Hiroaki Tokoyama, Satoshi Maeda, Koichi Ohno(#10 Oral)
  Crystal structure prediction by using the SHS method
○Hiroaki Tokoyama, Hideo Yamakado, Satoshi Maeda, Koichi Ohno(#10 Poster)
  Search for crystal structures of Boron Nitride (BN) by using the SHS method

化学反応討論会広島大学サタケメモリアルホール(東広島市)6月2-4日 
○松田欣之、前田 理、酒井 大地、山田 綾子、花上 謙一、水谷 真一、
 大野 公一、三上直彦、藤井 朱鳥
 Water and proton migration in vacuum-ultraviolet photoionization of 
  hydrated clusters
○長田有人、前田理、大野公一、諸熊奎治(ポスター)
  Development of Analytical Potential Energy Functions for Dynamics 
  Studies on Photodissociation   of Formaldehyde by the GRRM Method
○大野公一、岩本武明、長田有人、前田理(ポスター)
  Development of a Graphical Display System for Automated Exploration 
  of Global Reaction Route Mapping


2009
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本化学会2010春年会2010/3/26-29 近畿大学(東大阪市小若江)
○大西展義、石田真太郎、磯部寛之、前田理、大野公一、岩本武明 口頭A
 シライミンからシラエテンへの異性化反応
○山門英雄、時子山宏明、前田理、大野公一  口頭A
 超球面探索法を用いた結晶構造予測(2)
 Prediction of crystal structures by using the SHS method (2)
○大野公一、前田理、長田有人 口頭B
 量子化学計算による化学構造および反応経路の大規模自動探索
 Large-scale automated exploration of chemical structures and reaction
  pathways by quantum chemical calculations

新学術領域研究「高次π空間の創発と機能開発」第3回公開シンポジウム
自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター 岡崎市明大寺町字伝馬8−1
2010年3月15日(月)〜 3月16日(火)
○岩本武明、大西展義、石田真太郎、磯部寛之、前田理、大野公一
 環骨格で構造制御された高周期14族π電子系化合物の創出
 −シリル転位による安定シランイミンからシラエナミンへの異性化−

ACCMS-VO General Meeting, Jan. 12-14, Sendai (2010).
○Yuto Osada1, Satoshi Maeda, Keiji Morokuma, and Koichi Ohno
 Molecular dynamics simulation by using analytical potential functions 
 generated by the GRRM method
○Satoshi Maeda, Koichi Ohno, and Keiji Morokuma
 Automated Exploration for Reaction Channels in Giant Systems by 
 Combined ONIOM and GRRM Methods
○Koichi OHNO,    Yuto Osada,    Satoshi Maeda
 Large Scale First Principle Exploration of Unknown Chemical Structures 
 and Reaction Pathways

国際シンポジウム「実在系の分子理論」2010年1月7日 京大福井研究センター
http://www.riron.moleng.kyoto-u.ac.jp/symposium/kyoto/
○S. Maeda, K. Ohno, and K. Morokuma
 Automated Exploration of Thermal and Photochemical Reaction Channels 
 in Giant Systems by Combined ONIOM, Microiteration, and GRRM Methods

第4回アジア太平洋理論化学/計算化学会議
The fourth Asian Pacific Conference of Theoretical & Computational Chemistry
(APCTCC-4) 12月21−23日 Malaysia, Port Dickson
○Hideo Yamakado, Hiroaki Tokoyama, Satoshi Maeda and Koichi Ohno,
 Prediction of crystal structures by using the SHS method
○Yuto Osada, Satoshi Maeda, Keiji Morokuma, and Koichi Ohno
 Efficient construction of accurate global potential energy functions 
 for molecular dynamics simulations by using the SHS method.

IWES2009(International Workshop on Electron Spectrtoscopy for Gas-phase 
Molecule and Solid Surfaces) Oct. 12-15, 2009, Matsushima
○Koichi Ohno, Satoshi Maeda, and Naoki Kishimoto (Invited Talk)
 Study of Interaction Potentials by Experiments and Theory:
 Importance of Anisotropy and Anharmonicity

化学系協会東北大会 2009年9月20日
2E026 ○長田 有人、前田 理、大野 公一、諸熊 奎治
 グローバルポテンシャル表面のGRRM 法による効率的構築と反応動力学解析への応用

第3回分子科学討論会(2009年9月20−24日:名古屋大学)
○大野公一、前田理、諸熊奎治
 GRRM法とONIOM法を組み合わせた巨大系の反応中心に関するポテンシャル表面の系統探索
○山門英雄、時子山宏明、前田理、大野公一
 分子軌道法を用いた結晶構造の予測
○前田理、大野公一、諸熊奎治
 GRRM法による光反応経路の系統探索
○長田有人、前田理、大野公一、諸熊奎治
 GRRM法で生成したグローバルポテンシャル表面を用いた反応動力学解析
○水谷真一、松田欣之、前田理、酒井大地、藤井朱鳥、大野公一
 ホルムアミド-水クラスター系の光イオン化における水分子のマイグレーション

13th ICQC 22-27 JUNE 2009 Helsinki
○S. Maeda, K. Ohno, and K. Morokuma
  Exploring Minima on Seams of Crossing by the GRRM Method
○K. Ohno, S. Maeda, and Y. Watanabea
  Efficient Generation of Potential Energy Functions for Accurate Vibrational Analyses 
  by the Scaled Hypersphere Search Method 

238th ACS National Meeting, Washington, DC, 
August 16-20, 2009 in Washington (from 08-16-2009 to 08-20-2009).
○S. Maeda, K. Ohno, and K. Morokuma (Poster:Division of Physical Chemistry) 
 Exploring Nonadiabatic Reaction Channels by the GRRM Method: An Application to 
  the Vinyl Radical Photodissociation
○S. Maeda, K. Ohno, and K. Morokuma (Poster: Division of Computers in Chemistry)
  Automatic and systematic search for routes of chemical reactions in large flexible systems 
  with a given reaction center by the microiteration technique and the GRRM method

化学反応討論会(2009年6月1〜3日 大宮)
前田・○大野・諸熊(ポスター)
 Global Search for Minima on Seams of Crossing by the GRRM Method: 
 A New Insight into Photodissociation of Formaldehyde
○長田・前田・大野(Yuto Osada, Satoshi Maeda, Koichi Ohno)ポスター
 Construction of an Accurate Potential Energy Surface for CH4O by the GRRM Method:
  Application to Classical Trajectory Calculations for the Reaction Dynamics.”


2008
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
The 8th Asian International Seminar on Atomic and Molecular Physics (AISAMP8)
24-28 November 2008 at the University of Western Australia, Perth, Australia
☆大野公一(招待講演)
 Development of New Techniques to Analyze Potential Energy Surfaces
  Governing Spectral Properties and Collisional Reaction Dynamics of Moelcules

日本分光学会年次講演会(東北大学片平キャンパス、2008年11月19-21日)
シンポジウム:「分子の分光・反応・理論の先端境界領域における新展開」
☆大野公一(招待講演)
 化学反応経路探索とポテンシャルの非調和解析

基礎有機化学討論会 2008年10月2-4日(大阪)
○大野公一、前田理(口頭)
 超球面探索法による最低遷移状態の非経験的自動探索:BINAP不斉触媒への応用
○岩本武明、茂木雅弘、前田理、吉良満夫、大野公一(口頭)
 超球面探索法を用いたビシクロ[1.1.0]テトラシランの骨格異性化および環反転 
 経路の探索
○茂木雅弘、岩本武明、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法を用いたケイ素およびゲルマニウム水素化物の非経験的構造探索

第2回分子科学討論会(福岡国際会議場)2008年9月24日(水)−27日(土)
1P089 前田理・渡辺暢・○大野公一(ポスター)
 超球面探索法による非調和ポテンシャル曲面の効率的構築と振動分光への応用
2B20☆大野公一(招待講演)
 ポテンシャル表面解析法の開発に基づく分子科学の新パラダイムを目指して
2P032○松田欣之、前田理、酒井大地、藤井朱鳥、大野公一(ポスター)
 ホルムアミド・水クラスター系の赤外解離分光と超球面探索法による構造解析
3P095○長田有人、前田理、大野公一(ポスター)
 分子動力学計算のための高精度反応ポテンシャル表面の全面構築:CH2OおよびCH4O
3P098○茂木雅弘、岩本武明、前田理、大野公一(ポスター)
  超球面探索法とONIOM法による巨大分子の遷移状態の系統探索:ビシクロテトラシラン
  誘導体の骨格反転機構の理論解析
4E03○前田理、長田有人、大野公一(口頭)
 超球面探索法を用いた高精度な反応系解析ポテンシャル関数の全面構築

WATOC2008(14 to 19 September 2008)
☆K. Ohno and S. Maeda (Invited Lecture: Special Selection among Oral Presentaions)
  Global Reaction Route Mapping on the Potential Energy Surface via the 
  Anharmonic Downward Distortion Following.
○S. Maeda, Y. Watanabe, Y. Luo, and K. Ohno
  Structures and Vibrational Spectra of H-bond Clusters by the Anharmonic 
  Downward Distortion Following Method.
○M. Moteki, S. Maeda, and K. Ohno
  Systematic Exploration on the Potential Energy Surface of Silicon Hydride and 
  Gemanium Hydride by the Anharmonic Downward Distortion Following Method.
○Y. Osada, S. Maeda, and K. Ohno
  Efficient Construction of Global Potential Energy Functions by a New Polynomial
  Fitting Technique and Anharmonic Downward Distortion Following Method.

上海理論化学国際会議 2008.9.
○Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno
  Mechanistic Investigation of Methyltrioxorhenium-Catalyzed Olefin Cyclization.

第24回化学反応討論会(6月2−4日、北大、札幌)
1P21○前田理、長田有人、渡辺暢、大野公一
 量子化学計算に基づくポテンシャル表面の超球面探索法による効率的構築:
 高精度なポテンシャル上での分子振動解析とダイナミクス計算に向けて
1P35○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno
  Exploration of Roaming Pathways for Decomposition Reactions of Organic
  Molecules by the Scaled Hypersphere Method
  超球面探索法による有機分子の分解反応におけるローミング経路の探索
2P19○茂木雅弘、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法によるGe3H4の平衡構造およびそれらの相互変換経路の系統探索
2P33○Y.Luo, S.Maeda, and K.Ohno
  Water-Catalyzed Gas-Phase Reaction of Formic Acid with Hydoxyl Radicals.
S3☆大野公一(招待講演)
 ポテンシャル表面上の反応経路登坂法の開発と未踏化学への挑戦

理論化学討論会(慶応大学理工学部矢上キャンパス)5月22日(木)−24日(土)
2E2b○前田理、渡辺暢、大野公一(口頭B)
 超球面探索法による高次非調和結合項を考慮したポテンシャル関数の効率的生成:
 高精度振動解析への応用
2E3b○大野公一、前田理、寺田眞浩(口頭B)
 ONIOM法と超球面探索法を用いた不斉触媒の選択性の系統的解析


2007
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本化学会春季年会 2008年3月26-30日 立教大学(東京)
2K2-47○茂木雅弘、前田理、大野公一(口頭A:物理有機)
 超球面探索法によるベンゼンの単分子異性化反応機構の系統的検討
 −開殻中間体の重要性−
2K2-48○前田理、大野公一(口頭B:物理有機)
 ONIOM法と超球面探索法を用いたRu-BiNAP錯体による不斉水素化反応機構の
 系統的解明
3D1-13○渡辺暢、前田理、大野公一(口頭A:物性・クラスター)
 水素結合クラスターの振動スペクトルの解析と予測−超球面探索法に基づく
 高精度非調和ポテンシャルの構築
3PC-088○中井克典・河野裕彦・前田理・大野公一・山内薫(ポスター)
 メタノールの強レーザーパルス誘起超高速水素移動―第一原理分子動力学計算
 による反応速度の見積り―
4D2-21○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno(口頭A:計算化学)
 超球面探索法を用いたアセトアルデヒド単分子光分解反応におけるローミング
 機構の解明
  Roaming Mechanism on the Potential Energy Surface of Acetaldehyde

Asia Pacific Conference on Theoretical & Computational Chemistry (APCTCC-3)
北京2007年9月23-27日
○Y. Luo, S. Maeda, and K. Ohno
  A Global Mapping of Reaction Pahtways by Scaled  Hypersphere Search Method:
  Case Studies onf Metal-Assisted Chemical Reactions
○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno(ポスター)
  Exploring Chirality Interconversion Processes for Optical D/L-XYXC*CO2H
 (X,Y,Z=CH3, OH, NH2, H) Isomers Based on the Scaled Hypersphere Search Method

第1回分子科学討論会(仙台)2007年9月17日ー20日
1E16○前田理、Y.Luo、長田有人、大野公一(口頭)
 超球面探索法による水素結合クラスター構造の系統的探索と熱力学解析に基づく
 構造転移
1E17○渡辺暢、前田理、大野公一(口頭)
 高次ポテンシャル関数に基づく非調和振動解析:超球面探索法による非調和項の
 効率的評価
1P073○長田有人、前田理、大野公一(ポスター)
 グリシン分子の溶媒和構造の研究:超球面探索法によるGly(H2O)n(n=3-6)クラスターの探索
2P084○大野公一、前田理(ポスター)
 ONIOM法と超球面探索法による有機分子のRu-BINAP錯体への吸着構造の系統的
 探索
2P085○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno(ポスター)
  Theoretical Investigation on Chirality Transfer for Optical D/L Acetic Acid-
  Substituted Isomers Based on the Scaled Hypersphere Search Method.
3P073○Yi Luo, Satoshi Maeda, and Koichi OhnoLUO(ポスター)
  A Global Exploration of Dissociation Channel and Antioxidation Reaction 
  Pathways of CuDDP by the Scaled Hypersphere Search Method
4E17○中井克典、河野裕彦、前田理、大野公一(口頭)
 強レーザー場中で起こるメタノールカチオンの水素移動 - 第一原理分子動力学計算 -
4P077○茂木雅弘、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法によるSi6H6の安定構造およびそれらの相互変換経路の探索

化学系協会東北大会 2007年9月21-23日(山形)
○扇悠輔、岸本直樹、大野公一(ポスター)
 励起原子衝突2次元電子分光法によるAg基板に吸着したニトリル類の電子構造とその
 変化の研究
○前田理、大野公一(ポスター)
 ONIOM法と超球面探索法による巨大分子のポテンシャルエネルギー表面の系統的な
 自動探索
○渡辺暢、前田理、大野公一(口頭)
 調和近似を超えた高精度な振動解析:超球面探索法の振動分光への応用
○茂木雅弘、前田理、大野公一(口頭)
 超球面探索法によるSi6H6の単分子異性化経路の系統的探索:
 ヘキサシラベンゼンの熱力学的安定性の検討
3D07○長田有人、前田理、大野公一(口頭)
 超球面探索法によるグリシン分子の水和構造Gly(H2O)n(n=3-6)の解析

化学反応討論会 6月13日(水)〜15日(金)神戸大百年記念館
1P07○茂木雅弘、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法によるSi3H4のグローバル反応経路地図
1P18○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno (Poster)
  Theoretical Investigation of Formation Mechanisms of Cyanoacetylene and 
  Cyanodiacetylene in Interstellar Space by the Scaled Hypersphere Search Method
2P09○渡辺暢、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法によるプロトン化アルカンの異性化および解離反応経路の系統的探索

理論化学討論会 2007/05/14-16 名古屋
1P41○前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法と熱力学シミュレーションを用いた水素結合クラスターの構造解析
1P42○Yi Luo, Satoshi Maeda, Koichi Ohno(ポスター)
 Global Search for the Dehydrogenation Pathway of Amine-Borane Adduct: 
 An Application of  the Scaled Hypersphere Search Method
2P40○渡辺暢、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法に基づく高次ポテンシャル関数の構築と振動解析への応用
2P41○長田有人、前田理、渡辺暢、大野公一(ポスター)
 超球面探索法を用いたLiF(H2O)n(n=1-6)クラスターの構造とLi-F
 切断反応経路の解析


2006
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
分子科学コロキウム2007年2月28日東北大学理学部
○前田理
 非調和性に着目したポテンシャルエネルギー曲面の解析:安定構造および反応経路の
 自動探索と分子振動解析のための高次ポテンシャル関数の構築

日本化学会第87春季年会(2007)3月25-28日 関西大学千里山キャンパス
1G1-46○渡辺暢、前田理、大野公一(口頭A)
  高精度振動解析のための高次ポテンシャル関数の量子化学計算に基づく効率的構築法
  の開発
2G4-35○中井克典、佐藤幸男、河野裕彦、藤村勇一、前田理、大野公一(口頭A)
  強レーザー場によるメタノールカチオンの解離−反応経路探索と第一原理分子動力学計算−
3E4-07○大野公一、楊霞、前田理(口頭B)
  化学反応経路超球面探索法による光学活性分子のD-L変換経路の検討
3E4-09○茂木雅弘、前田理、大野公一(口頭A)
  超球面探索法による(CH)6異性体間を結ぶ反応経路の探索
3G4-15○長田有人、前田理、渡辺暢、大野公一(口頭A)
  超球面探索法のLiF(H2O)n(n=1-6)クラスター への応用:
  フッ化リチウム分子の溶媒和構造とLI-F結合切断反応機構の検討

2006 Annual Meeting of Chemical Society in Taipei
○Koichi Ohno(Invited talk)
  Exploration of Reaction Pathways on Potential Energy Surfaces for Unknown Chemistry

星間物質ワークショップ 北大低温科学研究セ 7月31日(月)午後−8月2日(水)午前
○前田理、大野公一(口頭)
 超球面探索法による星間分子進化反応経路の自動探索

分子構造総合討論会 9月20日(水)〜23日(土)静岡県コンベンションアーツセンター
3E11○前田理、大野公一 (口頭)13:18-13:36
 超球面探索法に基づくクラスター構造の高速アニーリング
3P072○渡辺暢、前田理、大野公一 (ポスター)15:15-16:45
 超球面補間法による多原子分子の非調和ポテンシャルの構築と高精度振動解析
4E13○大野公一、前田理 (口頭)13:54-14:12
 化学反応経路超球面探索法の開発と未知反応自動探索への応用
4P078○茂木雅弘、前田理、大野公一 (ポスター)15:40-17:10
 超球面探索法によるHCFO, CH3CFO, FCOOHの異性化反応経路の探索
4P070○Xia YANG, Satoshi MAEDA, Koichi OHNO (POSTER)15:40-17:10
 Chirality Transfer Mechanism for Optical D/L Lactic Acid Isomers: A theoretical Study Based 
 on the Scaled Hypersphere Search Method.
 乳酸光学異性体の不斉転換機構:超球面探索法による理論的研究

XII-ICQC2006 量子化学国際会議 2006年5月21-26日(京都)
C115○M.Moteki, S.Maeda, and K.Ohno
  Search for the Most Preferrable Reaction Route from Benzene to Prismane by the
  Scaled Hypesphere Search Method
C116○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno
  Ab Initio Calculations for Unimolecular Isomeraziation and Dissociation Reaction
  Mechanisms of C2H4O by the Scaled Hypersphere Search Method
D101○K.Ohno and S.Maeda
  Global Reaction Route Mapping on the Potential WEnergy Surfaces by the Scalec Hypersphere 
  Search Method
D102○S.Maeda and K.Ohno
  Exploring a Multi-Step Reaction Route between a Reactant and a Product by the Scaled
  Hypersphere Search Method
D103○Y.Watanabe, S.Maeda, and K.Ohno
  An Efficient Interpolation Technique of Potential Energy Surfaces Based on the 
  Scaled Hypersphere Interpolation Method

ICQC2006 Satellite Symposium in Sendai on: Recent Advances in Theoretical and Spectroscopic Studies
on Electron Dynamics and Related Phenomena 2006年5月16-19日
P02 ○S.Maeda, X.Yang, and K.Ohno
  Search for D-L Conversion Pathways between optical Isomers of Alanine by the Scaled
  Hypersphere Search Method
P03 ○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno
  Probing New Reaction Routes of C2H4O Isomers by the Scaled Hypersphere
  Search Method

第22回化学反応討論会  6月7日(水)〜9日(金) 分子研
1P40○前田理、大野公一(口頭)
 超球面探索法の有機金属触媒反応機構への応用
  Eploring New Reaction Mechanisms for Transition Metal Mediated Catalytic Cycles
  by the Scaled Hypersphere Search Method
2P07○X.Yang, S,Maeda, K.Ohno(ポスター)
  Theoretical Survey of the Potential Energy Surface of Acetaldehyde: Exploring 
  New Synthetic and Isomerization Reaction Pathways
2P15○渡辺暢、前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法の表面反応への応用:Si(100)表面上の有機分子吸着機構


2005
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本化学会春季年会  2006年3月27-30日 日大・船橋
2E3-25○前田理、大野公一(口頭B)
 超球面探索法による特定反応物と生成物を結ぶ多段階反応経路の探索」
2E3-27○楊霞、前田理、大野公一
 超球面探索法によるCH3CN及びCH3CHOの反応機構の完全探索
  Exploring the Global Reaction Mechanism Associated with CH3CN and CH3CHO
  by the Scaled Hypersphere Search Method
3E3-15○渡辺暢、前田理、大野公一
 超球面探索法に基づくポテンシャルエネルギー曲面の効率的補間法の開発と振動分光への応用

The International 21st Century COE Symposium of BINDEC Chemistry Network 2005/10/12
○S.Maeda and K.Ohno
  Development and Application of New Algorithm for Finding New Reaction Pathways 

International Symposium on Analysys and Contril of Molecular Quantum Processes 2005/07/12
○K.Ohno
  Quantum Chemical Calculations on Site Specific Reactions

分子構造総合討論会2005/09/27-30(東京)
1D13○前田理、大野公一 (口頭)
 超球面探索法による反応経路の探索:高速アルゴリズム逐次最適化消去法の開発と応用
1D14○大野公一、前田理 (口頭)
 超球面探索法による反応経路の探索:カルボニル化合物の反応経路に及ぼす金属原子の効果
3P069○渡辺暢、前田理、大野公一 (ポスター)
 超球面探索法による反応経路の探索:分光学への応用のための高効率振動ポテンシャル
 補間法の開発
3P○Balazs Hajgato, Satoshi Maeda, and Koichi Ohno (ポスター)
  Global Mapping of Small Carbon Clusters using the Scaled Hypersphere Search Method

化学系学協会東北大会 9月23-25日(東北大川内キャンパス)
○X.Yang, S.Maeda, and K.Ohno : Aural Presentation
  Topography of Reaction Pathways on the Potential Energy Surface of Acetonitrile
  and Cyanoacetylene by the Scalced Hypersphere Search Method
○Balazs Hajgato, Satoshi Maeda, and Koichi Ohno
  Global mapping of small carbon clusters using the scaled hypersphere search method

PACIFICHEM2005 ハワイ 2005年12月
○B.Hajgato, S.Maeda, and K.Ohno
  Global Mapping of Small Carbon Clusters using Scaled Hypersphere Search Method
  (Astrochem No.47 Oral)
○S.Maeda and K.Ohno
  A New Metohd for Global Mapping of AbInitio Potential Energy Surfaces by 
  One-After-Another Algorithm: Scaled Hypersphere Search Method.
 (Sump. No.86, Computational Quantum Chemsitry)

2nd Asian Pacific Conference on Theoretical & Computational Chemistry (APCTCC-2)
  2005年5月2日(月)〜6日(金) Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand
○B.Hajgato, S.Maeda, K.Ohno
  Discovering Transition States and Equilibrium Structures on Potential Energy
  Surfaces Using the Scaled Hypersphere Search Method

第21回化学反応討論会(大阪)ホテル阪急エクスポパーク 6月1日(水)〜3日(金)
1P05○前田理、大野公一(ポスター)
 超球面探索法による水クラスターの反応経路探索:水素結合の組み換え反応のみを
 選択的に探索する試み
2Q11○Xia Yang, Satoshi Maeda, and Koichi Ohno(ポスター)
  Ab initio Investigation of Gas-Phase Isomerization Reactions of Acetonitrile
  by the Application of the Scaled Hypersphere Search Method


2004
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本化学会第85春季年会(神奈川大学横浜キャンパス:2005/3/26-29)
3PA-162○楊霞、前田理、○大野公一(ポスター)
  超球面探索法によるアセトニトリルの異性化反応経路の全貌探索
  Global Mapping of Isomerazation Routes of Acetonitrile by the Scaled Hypersphere 
  Search Method
3F3-19○前田理、大野公一(口頭B)
 超球面探索法によるグリシン分子の合成反応経路探索
3F3-21○廣瀬剛史、前田理、大野公一(口頭A)
 超球面探索法を用いたホルムアミド分子の異性化及び解離反応の探索
3F3-31○Balazs Hajgato, Satoshi Maeda, and Koichi Ohno(口頭B)
 超球面探索法によるCO4及びNO4系における異性化反応・分解反応の経路探索
 Discovering Recombinations and Reactions on the Potential Energy Surfaces of 
  CO4 and NO4 by the Scaled Hypersphere Search Method

ステレオダイナミクス国際シンポジウム(大阪)2004年11月28日〜12月3日
○K. Ohno (Invited)
  Scaled Hypersphere Search Method for Mapping All Reaction Pathways on 
  Poential Energy Surface

分子構造総合討論会 2004年9月27-30日(広島)
3C11○Hajgato Balazs, S.Maeda, K.Ohno(口頭)
  Reaction Channels on Potential Energy Surface of Some Atmospherically and Astronomically
  Important Compounds
3C12○前田理、大野公一(口頭)
 超球面探索法によるアミノ酸の合成・異性化反応経路の探索
4P103○大野公一、前田理(ポスター)
 特定の反応物と生成物とを結ぶ遷移状態の効率的探索法の開発:超球面探索法の応用

化学反応討論会(20)2004年6月23,24,25日(東京)
1P07○前田・大野
 超球面探索法によるvan der Waalsクラスターの異性体及び遷移構造の完全探索
1P05○廣瀬・前田・大野
 超球面探索法によるシアン酸及びその異性体系の反応経路の完全探索
2A07○大野・前田
 化学反応経路を完全に探索するための新アルゴリズムの開発

理論化学討論会 2004年6月7日(月)〜9日(水)広島
○前田・大野
 ポテンシャルエネルギー曲面における化学反応経路の完全探索のための超球面探索
 法の開発

2004/05/12-25(IMS:Okazaki) 1st Asian Pacific Conference on TCC
○S.Maeda, K.Ohno
  A New Global Mapping Technique for All Reaction Pathways on ab initio Potential 
  Energy Surface

2003
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2004.3.26-29日本化学会春季年間(関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス)
3A1-12○前田理、大野公一(口頭A)
  高精度ポテンシャルエネルギー曲面の効率的構築のための超球面補間法の開発
3A1-13○大野公一、前田理(口頭B)
  超球面探索法による蟻酸分子のポテンシャルエネルギー曲面における反応経路の完全探索
3PB-163○廣瀬剛史、前田理、大野公一(ポスター)
  超球面探索法による[H,C,N,O]系ポテンシャルエネルギー曲面における異性化及び解離反応経路の完全探索

分子構造総合討論会2003 9月24日(水)−27日(土)京都テルサ
2Tp14○大野公一、前田理、松本真(口頭)
 ポテンシャル曲面における化学反応経路の完全探索
4Pa032○前田理、松本真、大野公一(ポスター)
 超楕円面上でのスプライン補間法を用いる極限的反応経路の完全探索:HCHO及びHCOOH

第11回国際量子化学会議 XI-ICQC/Bonn   July 20 - July 26, 2003
○S.Maeda, M.Yamazaki, and K.Ohno
  A New Interpolation Technique for Multi-Dimensional Anharmonic Potential Energy Surfaces :
  the Polar Coordinate Interpolation Technique


E-mail to: oh*no*k@m*.to*ho*ku.ac.jp (*を取り外して、お使いください)